ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆売春、賭博、麻薬。誰がゲイランを荒らし回っているのか ◆売春地帯に堕ちた女性が決して相手に見せない写真がある ◆現代プノンペンの姿を大量の写真で一挙に見る(昼間編) ◆遺体を川に捨てる犯罪者が「素人」と判断される理由とは
◆「なにもない」エイズに罹って死んだ女性の、遺された文章 ◆教育を受けていなければ、スタート地点にすら立てない現実 ◆22歳の売春女性、路上でめった切りにされ、血まみれで死ぬ ◆アフガン女性がブルカを脱いだら、どんな顔が現れるのだろう

BLACKASIA - www.bllackz.net



有料会員登録のいざない(闇の世界へ)




最新のコメントがついた記事









2018-04-20

出会い系サイトで知事を辞職した米山隆一が知らなかったこと

米山隆一という名の新潟県知事が、出会い系サイト『ハッピーメール』を使って知り合った女子大生に3万円を渡して性行為をしていたということが発覚して問題になっている。

最初にこの問題が発覚したとき、私は米山隆一が「付き合っている女子大生に金を払わなかったから問題になったのか?」と思った。

アンダーグラウンドの世界では「金を渡すのは当たり前のこと」であり、金を渡さなかったらそれこそ大問題になる。

女もビジネスでやっているのだから金がモノを言う。男が金を払わなかったら、復讐のために相手を社会的に抹殺しようと考えたり肉体的に抹殺しようと考える世界でもある。

アンダーグラウンドで知り合った人間は金の切れ目が縁の切れ目だ。だから、米山隆一がきちんと金を払わなかったからこんなことになったのだと私は最初に感じたのだ。

しかし、違った。

表社会の人は「出会い系サイトで知り合った女と付き合っていた」「金を払ってセックスをしていた」というところを責めていたのである。(鈴木傾城)




2018-04-19

「イラマチオで吐けるように頑張る」という風俗嬢(2)

ブラックアジア in ジャパン
そもそも、イラマチオとは何なのか。ウィキペディアではこのように説明されている。

『イラマチオ (英: irrumatio、irrumation) は、オーラルセックスの一種で、男性が立ち、ひざまずいた相手の口の中に男性が自らの男性器を入れて、相手の頭部を手で持って前後させることにより男性器を相手の口に出し入れする行為である。語源はラテン語のirrumo(授乳する、吸わせる)の名詞形irrumatioから来ている』

厳格に言えばその通りなのだが、最近では「喉の奥まで無理やり男性器を女性の喉に突っ込むこと」という意味で使われていることが多い。呼吸が止まるほど女性の喉の奥にまで突っ込んでいくのだから尋常ではない。

当然、女性は苦痛を感じ、異物を無理やり押し込められることで吐き気をも催すことになる。いや、催すどころか実際に吐いてしまうことも珍しくない。

私の目の前にいるこのカサカサの肌をした女性は、激安デリヘルの仕事の中でそれを受け入れ、「イラマチオで吐けるように頑張る」と日記に書いているのである。

普通の女性であれば拒絶しても不思議ではない行為を受け入れるばかりか「頑張る」というのだから大したものだ。(鈴木傾城)

 



2018-04-18

「イラマチオで吐けるように頑張る」という風俗嬢(1)

ブラックアジア in ジャパン
激安デリヘル店は代表的なところではデッドボールやサンキューをはじめいくつもある。ここで働く女性たちは全員がそうだとは言わないが、多くは普通の風俗店では働けない容姿の女性たちである。

また日本には「熟女デリヘル」と言って、すでに40代後半から50代、いや場合によっては60代の女性ですらも所属している風俗店もある。

多くの男たちは容姿の美しい女性や若い女性を好むので、条件の悪い女性たちは風俗店では淘汰されていく存在ではある。

日本の風俗では意外に30代の女性が健闘しているのだが、それでも30代後半になると徐々に稼ぎが悪くなって風俗でも食べていけなくなる。

だから、こうした格安店は値段を下げてイラマチオやアナルセックスのような過激なサービスも無料ということにして、少しでもレベルやランクの落ちている女性でも客がつけるように努力しているのだ。

激安店では女性の質に問題があるのは間違いないのだが、「問題」というのは様々であるというのは女性に会えば会うほど感じるものだった。ある激安デリヘル店で「イラマチオで吐けるように頑張る」と言っていた女性がいたので話を聞いた。(鈴木傾城)

 



2018-04-16

ギャンブル狂いの男は幼馴染みの女性を殺して金を盗んだ

閲覧注意
あなたは人に金を貸すだろうか。あなたのまわりにギャンブル狂いの男はいるだろうか。その男に金を貸したら、感謝されるだろうか。

もしかしたら感謝どころか逆恨みされるかもしれない。2018年3月9日にカンボジア・プノンペンで行方不明になった29歳の女性クォエン・チニーはそうだった。

彼女は出稼ぎで働いていた女性だったのだが、出稼ぎ先の韓国からカンボジアに戻ってきたばかりだった。彼女はひとりでプノンペンに住んでいたのだが、「近いうちに帰る」と故郷の家族に連絡を入れた後から突如として行方不明になった。

そして、それから一週間後。プノンペンから40キロ北にあるプレムタマク橋近くの道路わきの空き地に赤いクーラーボックスが捨てられているのをトゥクトゥクのドライバーが発見した。

このクーラーボックスは非常に重く、南京錠でがっちりと蓋を閉められていた。そこから強い死臭が漂っているのを確認した運転手はすぐに交通警察を呼んだ。

交通警察がやってきて人々が見守る中でクーラーボックスを開けると、そこから出てきたのは裸の女性の遺体と、血まみれの女性の衣服や所持品だった。

財布も入っていたのだが、中身は空っぽだった。身元が判明するものはすべて取り去られていたのだが、警察はすぐにこの女性の身元を知った。1週間前に行方不明になったクォエン・チニーの遺体だった。(鈴木傾城)

 



2018-04-15

シリア内戦で米英仏が攻撃に参加。世界が激しく燃え始めた

シリアを巡って危機が広がっている。シリアは2011年からアサド政権と反政府組織の間で激しい内戦が勃発するようになっており、その内戦は今も終わっていない。

アメリカの前オバマ政権はロシアが支援するアサド政権を激しく嫌っており、反政府武力組織に大量の武器を流し込んだのだが、それが裏目に出て2014年のISIS(イスラム国)のような狂気の超暴力集団を生み出した。

この暴力組織は2017年には急激に勢力を喪失していったのだが、その裏にはやはりアサド大統領を支援するロシアの影がある。ロシアがシリアを支援するのは、別にアサド大統領が好きだからではない。

ロシアはシリアに重要な軍事港「タルトゥース」を持っており、これを死守したいからでもある。逆にアメリカがシリア政権を倒したいのは、アサド政権を崩壊させてロシアの影響力を中東から一掃したいからでもある。

アサド大統領を巡って、シリアは泥沼の戦乱地区と化しており、もはや国土は崩壊して地球上で最も危険な地区と化した。超暴力集団であるISISの影に隠れて目立たなかったが、凶暴さで言えばアサド大統領も負けていない。

アサド大統領は自分に刃向かう反政府組織が潜む街を、丸ごと砲撃して破壊する人間でもある。(鈴木傾城)




2018-04-14

ロジー・オリベイラ。ブラジルを熱狂させた最強のヒップ

若い頃、何かの週刊紙で書いていた内容を覚えている。「アジア人は女の顔に夢中になり、アメリカ人は女の乳房に夢中になり、アフリカ人は女の尻に夢中になる」

この文章を読んだ当時、あまりにも人種をパターン化しすぎているので当たっていないと考えていた。アメリカ人も相当「面食い」だし、アフリカ人も胸ここだわる男も大勢いる。だから、それはステレオタイプだと思った。

しかし今になって、大きな傾向で見るとやはり民族や人種で女性にセックスアピールを感じる部位は違うのだろうと思うようになっていった。個別で見ると多種多様なのだが、大きく俯瞰すると確かに傾向がある。

一番分かりやすい例はブラジルだ。この国は本当にヒップが好きだ。女性の顔や乳房よりも圧倒的にヒップが強調される。

Tバックもブラジル発祥で、ビーチやリオのカーニバルではTバックだらけだ。ブンブン・ダンスもブラジルから来ている。最も美しいヒップを選ぶ「ブンブン・コンテスト」もこの国ならではのものである。

現在、ブラジルで最も美しいヒップを持つと言われ、2017年のブンブン・コンテストの優勝者となってブラジルを熱狂させているのはロジー・オリベイラという女性だ。28歳の女性なのだが、1700万人が彼女のヒップが最も美しいと評価した。(鈴木傾城)

 



2018-04-13

ここでは生き残れない。世界で最も生存率の低い10都市は?

私たち日本人は清潔で安全な国に暮らしている。どこの都市も夜になっても歩けるし、強盗や殺人に怯えながら過ごす必要もない。

行政もしっかりしており、生ゴミが捨てられたままになっていることもない。交通機関も時間通り運行している。多くの日本人はこれが当たり前のように思っているのだが、世界は「当たり前」が通用しない国が多い。

国外の多くの都市は「あそこには行くな」と言われる危険地区があちこちに存在する。それは欧米先進国でも同じだ。ニューヨークでもパリでもロンドンでも「迂闊に入ってはいけない犯罪多発地帯」がある。

そこに入ると「脅され、盗まれ、レイプされ、殺されても仕方がない」と思われるような場所がある。

また都市全体が危険になって、「こんなところでは暮らせない」と言われる場所もある。

治安が著しく悪かったり、行政が麻痺していたり、インフラが破壊されていたり、医療が遅れていたり、教育が行き届いていなかったり、文化・環境が非近代的だったりすると、「ここでは暮らせない」ということになる。

世界的な分析機関である『エコノミスト・インテリジェンス・ユニット』は、そうした劣悪な都市をランク付けしたデータを出している。これをいくつかのメディアが取り上げているので、ここで紹介したい。「ここでは生き残れない」と言われる世界で最も生存率の低い10都市はどこだったのか?(鈴木傾城)




2018-04-12

【投稿】レディーボーイ・マニア。タイはLB好きの天国


(久しぶりに投稿を掲載します。もう投稿は募集していないのですが、なりゆきで書いてもらうことになりました。レディーボーイについては、私自身は関わってきませんでした。そのため、こうした投稿もひとつの世界を知る上で参考になるのではないかと思って掲載することにしました)


はじめまして。LBマニアです。僕は30代会社員で1年に1回〜2回訪泰してパタヤで遊んでいます。今回、傾城さんにお許しをいただいたので自分の体験記を書こうと思います。

僕はずばりLB(レディーボーイ)しか興味ありません。タイは5年前くらいから通うようになってますが、その前は日本でニューハーフのデリ嬢と店外で付き合ってましたが、いろいろあって切れました。(僕の浮気が原因です)

それで以前から興味があったタイのLBとセックスをしたいと思いまして行ったのですが直球でハマりました。

最初は驚きでいっぱいでした。レディーボーイだらけと言うのはYouTubeで知ってました。が、本当にこんなにいっぱいレディーボーイがいるとは思いませんでしたが夢でありません。(LBマニア)

 




お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら